バスローブでボディケアを充実させる

スプレンディー・ボディーローブ ホーム > スプレンディコラム > バスローブでボディケアを充実させる

バスローブでボディケアを充実させる

バスローブを着ていると洋画を思い出すという人もいます。たしかに海外ではバスローブの着用頻度は高そうです。

お風呂がシャワーだけで湯船につからないという習慣のあるところだと、お風呂上りは湯冷めしてしまうから、厚手のバスローブをしっかり着込むという説があります。

ベッドルームの中は素っ裸でも平気だけど、居間やキッチンへ出 るときはそういうわけにもいかないから、バスローブやガウンを 着用するという人もいます。お風呂場がベッドルームにある場合 は平気でも、ベッドルームから少し離れたところにある場合は、 まずはバスローブを羽織って自室まで戻るという感じで使ってい る人が多いんですね。このあたりは海外の住宅事情や習慣にもよ るんでしょうね。

日本でバスローブを愛用している人の中には、お風呂上りの時間 の過ごし方によって、バスローブを使用するという人が多いよう です。

お風呂上りにボディミルクやマッサージクリームを使う時、バス タオル巻きやパジャマだと使いにくいため、バスローブを羽織る という人も多いようです。

髪の毛を乾かす間、パジャマの肩口が濡れてしまったり、汗で結 局パジャマを濡らしてしまったりという人は、お風呂上りはまず はバスローブ。そのままゆっくり髪の毛や肌の手入れをして、完 全に乾いた状態になってから清潔なパジャマに着替えるというの が、バスローブの使い勝手の良いところでしょう。

ゆったりとした気持ちで、髪の毛、顔、全身のケアができます。
爪までやって気が済んだら、汗も引いているのでパジャマに着替 えて寝る体勢に入ることができるというわけです。

バスローブもさまざまなタイプがあって、ふわふわの厚手パイル 地のものにこだわる人もいれば、薄手で軽いタイプを追求する人 もいます。

厚手パイルはふわっふわに洗い上げておけば肌触りが良くて、冬 場も温かくていいのですが、洗うと乾きにくかったり、洗濯を繰 り返してへたってしまうと、辛いところ。

薄手を追求する人の中には、Tシャツ生地のようなタイプを羽織 ったり、マイクロファイバータイプで吸水の良いものを選んだり といった人もいます。

こちらは洗濯してもすぐに乾くし、かさばらないので複数枚所有 して、タオル替わりにどんどん使えて便利です。

>>前のページに戻る